院長挨拶

整体院晴天 院長の青島学です。数ある整骨院、整体院の中から当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。私は、もともと身体が弱く、幼稚園ではお休みしたのがワースト1位でした…。

身体が弱いのを克服したいという想いから
元々食べること、料理が好きなため、栄養のことも学んで強い身体をもちたいと栄養士の専門学校へ。

専門学校を卒業後、病院に就職。
病院や施設での現実は、
・自分で食べることができなくなり介護を受ける方。
・病気で寝たきりになってしまい食べるのも困難な方。
・噛むこと飲むことも困難で、胃から直接栄養を注入する方。
入院患者さんを毎日見ていると何とかこのような状態になってしまう前に未然に防ぎたい… という想いが日に日に強くなっていった。

その後スポーツジムで、体のことをもっと学びたいという想いから働き始め3,000人の会員様の運動を指導。
会員さんの中では、膝や腰が痛いといって入会する方も多く運動しても改善できないのも目にしてきました。

私自身も、高校生の時にぎっくり腰をやってから、ずっと慢性腰痛に悩まされ、その後は、悪化してしまい背中全体が痛むほど苦しむこともありました。その辛さから、多くの整形外科や整体院、治療院、鍼灸などをまわったがよくならず、諦めていました。

しかし、諦めかけていたところ慢性腰痛専門で施術されている整体院に通いました。

すると、ほんとにウソのように身体が軽くなり慢性腰痛が改善されたのです。

それから、私も治す技術を学びたいと強く思い、治療技術で有名な竹上智哉先生に門下入りし解剖学、運動生理学などの学問を深めていきました。

パーソナルトレーナーとして働いていると、腰痛で悩まれている多くの方を目の当たりに。
腰に対しての運動や施術をしても腰痛は治らなく、本当に不甲斐ない気持ちでいっぱいでした。

それからも施術、技術を高めていく中で、あることに気づきました。
それは、痛みのあるところだけに、原因があるわけではない。ということがわかったのです。

だけど、まだ世の中の治療院では、マッサージなどで一時的な痛みの緩和しかせず、根本的な治療ができず悩んでいる多くの方がいるのが現実です。私自身も、たくさんの治療院を回っても治らなかった苦い経験があり、もう同じ思いをしてほしくないという想いから整体院を開業いたしました。

始めにお伝えしたように私には、「病気や寝たきりなるのを未然に防ぎたい」という強い思いがあります。
あなたには、同じようになって欲しくないです。

腰痛や体の不調でも、体を動かすのが億劫になり運動や体のメンテナンスをしなくなると、どんどん体は弱っていきます。
手遅れになる前に、私はあなたに一歩踏み出して頂きたい。

もし、もう良くならないと諦めているのであれば、もう一度だけ改善することに挑戦してみませんか?
本気で良くなりたいと思っているのであれば、私も全力でその気持ちを受け止めます。