約20年間の腰痛もちでした

こんにちは!豊島区大塚で唯一の慢性腰痛専門整体院 晴天 青島 学です。

実は私、約20年間の腰痛もちだったのです。

なぜ慢性腰痛専門なのか改めてお話させて頂きます。

きっかけは、某ハンバーガー店の搬入中に起きました。まだ高校生で若く、痛みとは無縁の生活を送っていて何も気にしないで荷物をもちあげたら……

ぐきっ!!!!

全身に衝撃が走るように痛みが走り、その場で動けなくなりました。

こ、これがぎっくり腰ってやつだ。と若いながらもぎっくり腰というものは知っていたので、すぐにわかりました。

その日は仕事もできず、すぐに帰宅。とりあえず整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらいました。すると診断結果はぎっくり腰です。安静にしていれば治りますとのこと。

それから1週間くらい安静に生活をしていたら、治っていきました。

ですが……

それが悪夢の始まりとは知りもしませんでした。

よくなったかと思っても、なんか腰回りが毎日重だるい日々……

当時ボクシングをやっていたのですが、前傾姿勢になるため30分くらい練習していると腰がだるく痛くなってきます。練習も集中できない状態。

そして、また悲劇が……

ボクシング練習中にぎっくり腰。またかよ!!!

当時プロボクサーを目指していて、その練習の最中に起きました。

コーチからは体力もついてきたし、基礎のパンチも身についていてプロテストも合格できるだろうと言われていた矢先でした。

また安静にして良くなるものの、腰がすぐに痛くなる日々。コルセットを巻いて練習していても常に痛みがつきまとい、ろくにパンチも打てない状態に。

私は、コーチに伝えました。

「プロテストは諦めます。」と。

先輩の試合を見に行くたびに、興奮して俺もこのリングに立ちたいと強い願望がありました。

ですが、腰痛のせいでその夢は、途絶えました。

その後も日常生活で、ずっとずっと慢性腰痛は続く。

何とか治したい一心で、いろんな整骨院やゴットハンドと呼ばれる整体院に足を運びましたが、その場は良くなるがしばらくすると痛みがぶり返す日々。もう腰痛は治らないと諦めていた時。

Facebookをふと見たら、高校時代の友人が「慢性腰痛専門整体院始めました」という言葉が目に飛び込んできました。

慢性腰痛専門というのと、直観的に治る気がした。

ぎっくり腰を起こしてから、20年後でした。

続きは、また綴ります。