坐骨神経痛を引き起こす原因① 【椎間板ヘルニア】

豊島区大塚 整体院晴天 院長の青島学です。

 

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛を引き起こす原因の1つとして椎間板ヘルニアがあります。

椎間板ヘルニアは、基本的には前屈みになるとおしりや、太もも前、裏、ふくらはぎなどの痛み、しびれがおきます。

このような症状のときは、椎間板ヘルニア由来の坐骨神経痛が考えられます。

 

椎間板ヘルニアは、どのように起きるのか?

椎間板とは、骨と骨の間にある軟骨がクッションのような役割をしています。

さらにその中心にゼリー状のものがあり、腰への負担や椎間板の動きが悪くなってくるとキズがつくと

そのゼリーがはみ出て、神経にぶつかることでしびれや、痛みを感じるようにようになります。

注意してほしいこと

まれに陰部の異常な感覚、膀胱や腸に異常を感じたら、早期に病院に行くようにしてください。

椎間板ヘルニアの方が前屈みになると痛みが増幅しますので、前屈みのストレッチ等はしないでください。

 

まとめ

病院のレントゲンでは異常はなく、お薬だけをもらい痛みの緩和していては根本的な解決にはなりません。

・背骨や骨盤のゆがみ

・左右の筋肉のバランスのずれ

・日常生活のくせ

から原因を特定していけば、必ず症状は緩和されます。

長年、坐骨神経痛にお悩みの方は是非、当院に一度お越しください。

腰痛でお困りの方は、こちらもご覧ください。➡腰痛はなぜ起こるのか?

最後までご覧頂きありがとうございました。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事