大丈夫?腰が曲がってしまって背中を伸ばせない方へ

豊島区大塚 晴天 院長 青島 学です。

 

腰が曲がってしまって、背中、腰を伸ばせない方が時々来院されます。

多少の曲がり方でしたら問題ありませんが、かなり曲がってくると内臓やそのほかの病気につながってしまいます。

自分で痛いのに無理やりに伸ばそうとするのは、危険が伴いますので症状や対処法をお伝えいたします。

 

変性後弯症(腰曲がり

腰が曲がっている方

腰を曲げる動作が多く(農作業など)、常に腰が曲がってしまっている状態。

後湾症になる条件としては、2つあります。

1つは、加齢によって椎間板というクッションがつぶれてきて前に傾いてきてしまうもの。

もう1つは、骨粗鬆症で骨が弱くなり自分でも知らないうちに圧迫骨折し、骨の前側がつぶれてしまい曲がっていく外傷性後弯症というものです。

特に高齢者に多いですが、腰を伸ばす筋肉が弱くなってしまい体を起こせないのも要因のひとつです。

 

腰部脊柱管狭窄症

高齢者の方に多いのは、腰部脊柱管狭窄症です。

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管という骨のトンネルに通る脊髄神経が圧迫されることでしびれや痛みがでます。

特徴として、腰を伸ばしたり後ろに反ることで痛みやしびれが増します。

そのため、前屈みの姿勢が楽なために前屈みになってしまう。

高齢者の方で、このような症状がある場合は、腰部脊柱管狭窄症が疑われます。

腰部脊柱管狭窄症については、こちらをご覧ください。

腰部脊柱管狭窄症について

 

骨盤が後傾している

骨盤が後傾してる方

引用:東広島猫背矯正センターブログ

生活習慣が原因で、姿勢崩れ、体のバランスが崩れることで骨盤の歪みが起きます。

骨盤が後傾(骨盤が後ろに傾く)すると腰が曲がりやすくなります。ご自身でも腰を曲げて頂くとわかると思いますが、腰が曲がりませんか?

逆に骨盤が前傾(骨盤が前に傾く)しても、背中が曲がってきて前屈みになる姿勢も時々あります。

腰が曲がるわけではないですが、胸が曲がって腰が反っているので、この姿勢も身体への負担が大きいです。

 

腰が曲がってしまった方への改善方法

変性後弯症・脊柱管狭窄症は整形外科、又は整体院へ

重度の変性後弯症の場合は、整形外科での手術が必要なことも視野にいれましょう。先生とよく相談し決められてください。

後期高齢者の場合は、手術をしないほうが良い場合もあるためです。

脊柱管狭窄症も膀胱障害や間欠性跛行という少し歩くと痛くて仕方ない場合は、早急に病院での受診が必要です。

上記の症状がなくレントゲンでも医師から何となく脊柱管狭窄症ですね。と判断された場合は、体の調整や矯正することで痛みの緩和を行うことが可能です。整体院に行かれることをおすすめします。

 

骨盤矯正をしましょう

骨盤が後傾(後ろに傾く)の状態が、腰が伸びにくくなることを上記でお伝えしました。

太ももの裏側やおしりが硬くなってくると骨盤が後傾しやすくなります。

また、脚長差といって足の左右の長さが違うと骨盤の左右の歪みにもつながり、骨盤の後傾に関係します。

骨盤の矯正は痛いイメージかもしれませんが、来院された方は、あれっ終わったの?と聞かれるくらいですので、ご安心ください。

 

まとめ 大丈夫?腰が曲がってしまって背中を伸ばせない方へ

腰が曲がって伸びない場合の原因と対処法についてお伝えしました。

曲がり始めて伸びないということは、何かしらの症状が起きてしまっているので、必ず病院や整体院に行かれるようにしてください。

そのままにしていると、症状の悪化も考えられるためです。

変性後弯症、脊柱管狭窄症の場合は、病院に受診されること、それほど重症でなければ骨盤矯正や姿勢を改善しましょう。

腰が曲がってしまっている方で、姿勢を維持するのに必要な脊柱起立筋という筋肉があります。

その筋肉が弱ってしまっている方は、曲がりやすくなりますので施術と一緒に鍛えていきます。

もし悩んでいて困っていましたら、一度ご来院くださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。