前かがみになると腰が痛くて辛い方へ

豊島区大塚 整体院 晴天 院長 青島 学です。

腰の痛むところの骨

身体を後ろにそらしたり、体をひねって回しても痛くないのに前屈みになると腰が痛いという方。

前かがみになると腰が痛くてしんどいという方は、日常で腰に負担がかかる曲げ方や筋肉が硬いせいで痛くなります。

また、骨からくる要因、骨盤が動きづらくて痛みを引き起こしやすくなります。

 

前屈みになると腰が痛い原因

椎間板性、椎間関節性

背骨には椎間板と椎間関節という関節があります。

立っている状態よりも、前かがみになると腰骨の関節への圧力は、1.5倍になります。

それだけ腰だけで曲げると関節への負担が大きいということ。

この椎間関節にストレスが加わり続けると、関節を覆っている線維輪という膜に傷がつき痛みが出始めます。

 

筋・筋膜性腰痛

背中の筋肉は、姿勢を維持しようとする脊柱筋(かなりざっくりまとめて)という筋肉があります。

前屈みになるとその背中の筋肉がピーンと伸びて張った状態になります。

このピーンと張った状態が繰り返され筋肉に疲労がたまっていくと筋・筋膜性腰痛の原因になります。

 

前かがみになると痛い腰痛の改善方法

椎間板性、椎間関節性腰痛

スポーツや日常生活で、背骨の関節に負担がかかる動作が繰り返し起きると、椎間板性腰痛が起きやすくなります。

特に前かが身になる動作ですね。骨盤がうまく使えず腰だけで曲げようとすると腰に負担がかかるため、骨盤をしっかり使った動作を身につける必要があります。

例えば、掃除機をかけるときに背中が丸まった状態でかけていると、腰に負担がかかるので骨盤を前に倒して背筋を伸ばしてやるイメージです。少しかっこいい掃除機のかけ方ですね。

掃除で腰が曲がっている

※これは悪い例です。

 

筋筋膜性腰痛

急性期で痛みがひどい場合は、鎮痛薬や経口薬で炎症を抑制します。

そうでない場合は、当院では運動療法、整体を推奨しております。

背中の筋肉を多く使いすぎたり、太ももの裏が硬くなると前かがみがしづらく筋筋膜性腰痛を引き起こしやすくなります。

太もも裏が硬い方は、ストレッチも効果的です。

またお尻の筋肉も、うまく使えていないと背中や腰の筋肉に負担がかかり、筋筋膜性腰痛の原因になるためお尻と背中の筋肉を連動させた運動をご案内しております。

筋膜も関係しているため緩めることで痛みの緩和をしております。

 

前かがみになると腰が痛い原因 まとめ

前かがみになると腰が痛くなる要因と改善方法をお伝えしました。

現状は前かがみで痛いかもしれませんが、お尻や股関節がうまく使えていないと後ろに反る動作や他の動作でも痛くなることも、今後考えられます。症状が悪化する前に、早めの治療をおすすめします。

腰痛でお悩みの方は、こちらも記事もおすすめです。

腰痛はなぜ起こるのか?その原因はレントゲンではわからなくても。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。